心療内科

心療内科について

当院の心療内科は「ひととおり全体的に見る(全人的内科診療の実践)」を行っておりますので、メンタルクリニックとお間違えにならないようご注意ください。

よくある症状や疾患

肩こり

その他自律神経失調状態

不定愁訴

頭痛

不眠、睡眠障害

​しびれ

軽症抑うつ状態

詳しくはホームページもご覧ください。

診療内容

肩こり・頭痛・しびれ・その他自律神経失調状態

肩こりが原因で多くの症状が起こる事があります。それは肩こりで自律神経のバランス機能が働きにくくなり、頭痛・めまい・目の疲れ・動悸・倦怠感・不眠・腕のだるさ・手のしびれ・手足の冷えなどの色々な症状があらわれる傾向があるためで、当院では様々な角度から診察・検査を行っています。
症状の傾向として最近では特に、自律神経失調症・更年期障害で苦しんでいる方が多くなっているようです。

不眠・睡眠障害

不眠症は、睡眠障害の一種です。症状としては、眠れない・眠ったと思っても夜中に何度も起きてしまう、熟睡できない、などが1ヶ月以上続き慢性化してしまっている状態を指します。
最終的には、倦怠感や眠気などの症状が日常生活の質の低下に繋がり、心身の疲弊になり「うつ状態」に入ってしまう可能性もあります。
当院ではこのような辛い症状の改善を図るため患者様に対して心身両面からサポートしております。

軽症抑うつ状態

うつ病は基本的には「神経精神科(メンタルクリニック・心療内科標榜科)」の専門領域です。ですが一般内科での診察に「軽症うつ病」の患者様が混ざってしまう場合があります。
最近では、軽症のうつ病の人は増えている傾向にあり、症状としては抑うつ気分と興味または喜びの喪失が中心的です。
症状の改善のために治療に必要なのは、「十分な休養」「適切な薬物療法」「医師や周囲の方たちと相談しながら治療を受けること」の三つです。
一般内科として治療のサポートが可能な事もあるかと思いますので、お気軽にご相談ください。

その他の病気(不定愁訴)

急に体調が悪くなり病院へ行こうと思った時や、なんとなく体調が悪いという不定愁訴、微熱が続く・軽度の腹痛・体重増加、体重減少・健康診断で異常を指摘された…など、何の病気かわからない・何科を受診すればよいのかわからないという事があると思います。そんな時は当院になんでもご相談ください。【全人的医療】で患者様に寄り添い頼っていただけるように、治療協力しております。